連想検索

キーワード・文章から検索!


ショッピングカート

カートは空です...

◇ご来店について
COVID-19感染防止のため、ご来店に際しましてはマスクの着用をお願い申し上げます。ご来店時にはアルコールでの手の消毒をお願いしております。どうかご協力ください。

必ず事前にご連絡の上、ご来店ください。
少人数で営業しており、頻繁に留守にしております。また、倉庫に所蔵している書籍も多く、突然のご来店の場合、ご準備できないことも多々ございます。お電話かEメールで御希望の書籍を必ずご連絡の上、ご来店くださいますようお願い申し上げます。

*弊店で販売している肉筆作品は、全て真筆保証いたします。

営業時間
平日朝10時から夕刻6時(ご来店をご希望の方は、事前にご連絡ください。)
土・日・祝日はお休みです
電話
03-3812-5961
ファクシミリ
03-3812-9141
住所
113-0032
文京区本郷6-18-9-102

書籍商 東京都公安委員会
古物商許可番号
305478907884


【ここから本文】

古書市場が私の大学だったー古本屋控え帳自選集

著者名:
青木正美
出版元:
日本古書通信社
冊数:
1冊
刊行年:
平31

初版 カバー・帯付 【以下、帯にある樽見博氏の推薦文より】古書業界に長く身を置いても、毎日必ず未知の古本に出会う。それほど本の海は広く深い。東京神田の古書市場では毎日数万冊の古本が入札に付されるが、中に不思議と古書店主の気を引く本がある。特別珍しいとか高価というのではないが、その本の著者あるいは旧蔵者と古書店主の魂が触れ合うのだ。青木さんは他の人以上に古本からの声を聞く力を持っているようだ。古書が青木さんの教師であり、古書市場は人生の大学だった。本書はその経験の大きな結晶である。

No.
81288
価格:
2,200円